結婚指輪はいつつける?入籍後すぐ?結婚式のとき?

入籍日と結婚式の違い

結婚指輪をいつからつけるかというルールは特にないため、カップルによってそのタイミングは様々のようです。一般的に、入籍した日が二人が夫婦として法律的に認められる日で、結婚式はそれを周囲に公にする日とされています。そのため、どちらの日を二人にとって新しい人生のスタートと見るかで、指輪をつけるタイミングも変わってくるでしょう。
最近では、入籍が結婚式の後になったり、結婚式は行わないというカップルも増えています。結婚指輪は、二人が夫婦であることを周囲に知らせる大切なアイテムなので、型にとらわれず2人の気持ちの節目を大切にしましょう。入籍日も結婚式も、二人で人生を歩み始める上での、大きな出来事です。良い話し合いをして、素敵なスタートがきれるよう気持ちを一つにしておきましょう。

あなたはどっち派!?

入籍日から結婚指輪をつけたいという人の多くは、結婚式まで待ちきれない、夫婦になったことを早く公表したいなどの思いがあるようです。「法律的に夫婦として認められたのだから、結婚式があってもなくても決意は変わらないから」、といった硬派な考え方もあるでしょう。一方、式まで指輪を着けないでおきたい理由として挙げられるのは、「指輪交換のセレモニーに特別感を残したいから」、という点かもしれません。みんなに見守られて行う指輪交換は、お互いの決意を改めて確認できる、大切なイベントなのかもしれません。また、結婚後はつけないことも多い婚約指輪を、出来るだけ長くつけていたいという人もいるでしょう。
どちらの場合にも、結婚指輪の重みや満足感は変わらないのかもしれません。

結婚指輪を大阪で購入する場合には、品ぞろえ豊富な専門店の利用が最適で、予算や好みなどの条件に合った指輪を選べます。